浮気を見抜く簡単な方法

浮気をしているかもと思うには、相手になんらかの変化を感じなければそうは思いません。
上手く変化を感じさせないように完璧にしているつもりでも、証拠になりえるものは存在します。
浮気に罪悪感を感じていない人も中には沢山いるのです。
今の世の中では男女関係なくこのようなことが日常茶飯事のようにおきているのも現実です。

 

問題の浮気を見抜く方法をしてはいくつものパターンがありますが、あからさまに様子がおかしかったり、行動に変化がわかったりするような不器用な相手であれば、財布や携帯をみるなり、こっそり後をつけるなりすれば簡単にいわかるものです。
しかし、器用な相手であれば、証拠となるようなものはさりげなくわからないところで消していきなす。

 

このような場合でも相手の職業や日頃の人付き合いなどにもよりますがある程度の行動パターンというものが人にはそれぞれあります。全く掴めないようなひともいますが、その際は相手の使っているSNSサイトやインターネットサイトの履歴などをチェックしてみると浮気のヒントが隠されているケースが多くみられます。
インターネットの履歴は用心深い相手であれば削除しているでしょうが、不意に旅行サイトや出会い系サイトの形跡など残っている場合もあります。
SNSサイトの場合は、そう簡単に消去できません。自分が消していても相手の方にヒントが残っていたり、またその他の友人のページに写真やコメントがアップされている場合が多く目立ちます。

 

SNSサイトで相手のページをみるにとどまらず、投稿をしていたらコメントまで全てチェックし、相手の友人のページもコメントまで全てチェックしていきます。また相手、友人の投稿日時も全て把握して矛盾点や違和感を覚えるコメントなどをピックアップしていくと浮気をしていればなんらかの手がかりにたどり着くことは近年多い話です。

 

その他、ごみ箱や車内、通帳などはうっかりといったヒントが結構みつかるものです。

 

 

浮気の疑惑があったら

 

本当に浮気であるか確認するには費用はかかりますが信頼のおける探偵事務所に頼むことが一番手っ取り早いでしょう。
携帯電話や財布、通帳、車内、ごみ箱、インターネットの履歴やSNSサイト、尾行や不意打ちなど様々な証拠を掴む手段はありますが確実性を求めるなら探偵事務所です。
勿論、探偵事務所以外の方法を全てやり尽くした上での最後の手段といっていいでしょう。

 

最近ではほとんどの人の連絡ツールの主となるものがメールから、メッセージやスタンプで気軽に送れる物に変わっています。
浮気をしていてもいなくても携帯をロックかけている人が増えてきているのでその場合暗証番号を知る必要がありますが、ちょっと充電きれたから貸してくれない?と声を掛けてみて特に夫婦間でそれすら断られたときは疑惑が更に強まります。
狙いはそこではなく暗証番号を知ることにあります。
仮に貸してくれた場合は暗証番号を入力し解除してから渡すことになります。
暗証番号の予測がつかなかった場合はこの時に入手するほかないでしょう。
暗所番号さえ入手できたら近年の連絡ツールの主となるスタンプ機能のついたメッセージアプリを開き非表示にしてある履歴をみます。
削除機能もついているため、削除している可能性も大きいためその際は友だち一覧をチェックします。
トークしたことのある人ならば通常トーク履歴が残っていますが削除していた場合は一覧のところが空白になっています。
また友だちにはなっているもののトークしたことが一度もない人であれば一覧のところに、新しい友だちとトークしよう!と出ています。
空白の場合ほぼ黒に近いかなにかやましい気持ちがある証拠です。

 

しかしこれも確証にいたるには、足りません。その他のSNSサイトなどと照らし合わせながら確証を掴むしかありませんが、しらみつぶしにしていけば相手が浮気をしているならば確証を得られる日がくることとなります。
確実で早いのは冒頭の通り、信頼のおける探偵事務所に頼むことです。