旦那の浮気あなたは許す?

女性同士の会話の中によく出てくるワードとして、「旦那が浮気をしたらどうするか」というものがあります。ほとんどの女性は、離婚して慰謝料を請求するという考えが多く、そのような決意をしている人が多いようですが、実際自分がその立場に立った時に即決断とはいかないのが現状です。その理由はなぜなのか、どうして許してしまう女性がいるのかを考えてみましょう。

 

浮気を許してしまう女性には特徴があります。
●自己犠牲の気持ちが強いタイプ
旦那が他の女性と関係しているとわかった時には、まず最初に自分が悪かったのではないかと責める女性です。このようなタイプは自分が至らなかったせいで、旦那が他にいってしまったと思い込みます。簡単に言えば、自己犠牲が強いタイプと言えるでしょう。自分が旦那に対してしっかり愛情を示さなかったからだとか、もっと夜の営みに積極的になれば良かったのではないかと責めてしまいます。現実的な話をすれば、そのような状況が旦那を浮気に走らせたことに繋がらないとは限りませんが、するかしないかを決めるのは旦那自身のはずです。あなたのことが大切ならば、そのような状況に陥る前に理性が働くものですから、実際は妻がどんな人間性だとしても、してはいいという理由にはなりません。

 

●知らなければなかったことにするタイプ
旦那が他の女性とどんなことをしていても、妻である自分が関与していないのであれば、なかったことにできるタイプです。このような女性は、基本的には旦那に対して関心が少ないことが多く、結婚生活さえ維持できれば良いという人が多いようです。子供がいる場合は、生活のことを考えると離婚するのは得ではないと考えられる理性的な女性とも言えるでしょう。中には、何をしていてもいいけど、バレるような行動をしなければ問題ないと割り切っている人もいるようです。

 

●自分が愛されている自信があるタイプ
男性の浮気は男の甲斐性と考えられるタイプです。それだけ自分の選んだ男性が、他の女性から見ても魅力的であるという自負があり、本命が自分であれば平気という考えなのです。どんなに他の女性と関係を持っていても、最後には自分のところへ戻ってくるだろうと考えることができる昭和の女タイプとも言えるでしょう。実際は、若い女性と関係を持ってそのまま離婚を突き付けられることだってない話ではないのですが、モテる旦那がパートナーに選んだ自分だからという背景がそのような状況を招いてしまいます。旦那の心が自分にあるというのは慢心であり、本当に大切にされて愛されているのであれば、他の女性に誘惑されてもなびかないということを忘れてはいけません。

 

●生活重視タイプ
旦那と離婚をした後に、どのように生活をしていけばよいのかを考えるタイプです。今時、シングルマザーなどは珍しくありませんが、世の中の風潮ではまだ風当りが強いのは事実です。シングルになることで、経済的な余裕はなくなりますし、他の家庭からみた時の世間体も気になります。旦那が家庭を捨てたというわけでなければ、しがみついてでも今の生活を守ろうとするタイプとも言えるでしょう。腹の中では苛立ちや、裏切られた虚無感、様々な感情があるのに、それを一切隠して生活の為だけに許すという女性も多いようです。ATMとして割り切っていられるうちは良いのですが、浮気相手との生活を旦那が支えるようになり、経済的な負担が増えてくるようですと、一気に離婚へと決断できるタイプとも言えます。経済的な潤いだけで維持できることだということを忘れてはいけません。

 

●見栄を張りたいタイプ
シングルが増えているとは言え、子供がいる場合は、父親としての存在を必要とする場面が多くあります。そのような時に、シングルでいることに耐えられないという女性が許してしまう傾向があるようです。周囲と比べて落ち込むことばかりでも、仮面夫婦を取り繕いたいと考えてしまう為、余裕がなくなります。周囲に悟られないように結婚生活を維持していくことだけを考えている女性が多く、子供に影響が出てしまう現実もあるようです。旦那が自分以外の女性になびいてしまったという現実は、女性にとって悲しく惨めなものです。女性としての魅力がないと突き付けられたような気持ちになるでしょう。他の家庭が羨ましく思えてきてしまったり、無い物ねだりをしてしまうタイプがこのような理由で別れを選択しないのです。

 

旦那が他の女性と関係をもってしまったという現実に対して、許すという行為は普通の感覚ではできるものではありません。しかし、女性の多くが悔しいという感情に支配されてしまう為、正常な判断を下すことができないのです。一端冷静になって、自分の気持ちと向き合った時、何年も経過した時に、本当にその選択が正しかったのかの答えがでるのかもしれません。旦那の改心を願いたい気持ちはあれど、現実は厳しいかもしれません。