浮気と不倫の違い

近年不倫をテーマにしたドラマが流行しましたが浮気と不倫の違いについて具体的にどのようなことが違うのかわからない人も多いでしょう。この2つの違いとしてまず挙げられるのが既婚者か独身かという点です。これらの違いはあまりないように感じるかもしれませんが浮気は結婚していても結婚していなくても一方が他の異性と関係を持った場合に使われます。これに対して不倫は浮気している一方が既婚者であることが前提となっています。どちらも裏切られており精神的なダメージがありますが重みがあるのは結婚している不倫の方でこちらは裁判をすれば慰謝料を取ることが出来ます。しかし結婚していなくて他の異性と関係を持つのは問題がないのかというとそのようなことはありません。付き合っている人がいるのにもかかわらず複数の異性と交際をすることは裏切り行為なのでその点では不倫の同様だと考えましょう。さらに違いとして挙げられるのが肉体関係があるかないかという点です。不倫というのは結婚している人が肉体関係を持つことが条件になってくるので食事に行ったり交友関係があるだけでは不倫ではなく浮気になります。不倫と違って範囲が広く人によってとらえ方が異なるため不倫以外はこちらにあてはまると考えられます。この不倫の定義は民法でも定められており抜け出せなくなるようなどろどろとした関係性が双方には共通しています。しかし不倫ではなく遊びの関係の場合は相手に悪いという気持ちがあったとしてもドキドキ感の方が大きくイメージは真逆だと考えられます。遊びの関係をよくする人は元からそういう癖がある人が多くなかなか治すことが出来ない一方で意外とあっさりしているので本命の人にバレても見逃してもらえたり怒られても元サヤに戻ることがよくあります。不倫の場合は今まで真面目で一途だった人がどっぷりとハマってしまい抜け出せないのでこちらの方が関係の修復が難しいかもしれません。さらに気持ちがあるかないかも違いとして挙げられ気持ちが入っているものが不倫だと言われています。不倫の場合はお遊び程度の交際関係と違い真剣に交際をしており相手に貢いだり惚れ込んでいるような状態を言います。この状態になると家庭にも大きな悪影響を及ぼすのでできる限り早急に対処することが求められます。特に気持ちの面では女性の方が左右されやすく男性の場合は気持ちがなくても肉体関係を持つことが出来ますが女の人は気持ちがないと躊躇する傾向があります。また女性の方が感情的なので付き合っている人や旦那と上手くいっていないときに優しくされると旦那や彼氏に本音で話せないことを話すことが出来て心地よさを覚え始めます。このような特徴がある女性は他の男性と肉体関係を持ち始めることがあるので要注意だと言えます。気にかけてくれなくなったり今までしなかったおしゃれをするようになったら怪しいのでできる限り優しく接してみることをおすすめします。さらに独占欲が強いかそうではないかという点もあげることが出来ます。独占欲が強い関係が不倫でお互い遊びの様な関係ではないことが特徴です。お互いが求め合い連絡を頻繁に取り合うなど不倫相手を自分のものにしたいと思ったり妻と別れてでも不倫相手と付き合いたいもしくは結婚したいなど感じているなど深い関係にまで発展してしまっているのが不倫です。これに対してお互いに時間がある時に連絡をしたり出掛けたりする程度で頻繁に連絡を取らなくてもいい場合や気にならない場合は遊びの関係であることが多いです。こちらの方がなれている人はなれているので態度に変化がなく気がつかない人も多いかもしれません。このように違いとしては不倫は相手との発展を望んでいたり、家庭崩壊に繋がる恐れがある、ズルズルと関係を続けてしまい何かが犠牲になる危険がある、配偶者を見限ることがあるなど深い交際関係に発展していることで浮気は単なる気の迷いだったりいつかは元に戻ったり比較的短時間で終わることが多い、配偶者を見限らないことが多い、配偶者に謝れば元の家庭に戻ることが出来る、一時的な心の楽しみのためにしており心の置き所をわかっているなどの特徴があります。しかしこれらを参考に判断することは出来ますが定義付けは難しく人によって感じ方や捉え方は異なってきます。もしも自分がそのようなつもりがなくても相手が嫌な気持ちをしているのなら一度話し合ってお互いの意見を言うべきですし、自分はこういう考えだからあの子もきっとそうだというのは通じません。大切にされていないように感じたり扱いが適当になったり連絡がこなくなるなど以前と明らかに対応が異なっている場合は浮気をされている可能性が高いです。また既婚者の場合は家に帰ってこない、夜遅くまで出掛けていたり休日まで理由をつけてよく遊びにいく、お金の使い方が荒くなったなどの変化があれば不倫を疑ってみる余地はあります。