不倫の慰謝料を高額で請求するには証拠が必要です

長年、夫(妻)が不倫をしていたことが明らかになった!

 

不倫、慰謝料、相場

 

なんとも怒りが収まらないあなたは、配偶者の不倫相手に対して責任を追及して慰謝料を請求しようと考えました。

 

とはいったものの、不倫をした相手から受け取る
慰謝料とはどのような方法で請求ができて、いくらくらいの相場
になるのでしょうか?

 

慰謝料には明確な基準となるものがない! 

 

慰謝料というのは、不倫をしていた夫(妻)に受けた精神的苦痛の償いとして支払いを請求する損害賠償のことです。

 

夫(妻)や不倫相手に慰謝料を出すよう請求することは、不誠実な行いに対しての当然の損害賠償の請求権として法的にも認められていることなのです。

 

実をいうと、不倫相手への慰謝料については明確に規定されているものはありません。

 

 

不倫のケースと慰謝料の相場

 

ですので、過去の裁判事例などにより、不倫による損害賠償としての慰謝料の相場を決めていきます。 

 

不倫をしても相手と別れてその後も結婚生活を続けることにした場合は50〜100万円

 

不倫が理由となって別居することにした時は100〜200万円

 

不倫が原因で離婚に至った時は200〜300万円、程度が妥当な金額とされています。

 

とはいえ、これについてはあくまでも裁判に至った際の相場なので、不倫相手と直接会って話し合いの上での示談になると、慰謝料の額については数十万円の少額から場合によっては億単位という大金になることも考えられます。

 

慰謝料の金額はどういうケースで高額になるのか?

 

 

不倫、慰謝料、相場

 

慰謝料の金額は増減することもある支払われる
慰謝料の金額は、色々な状況の違いによって増減されます。

 

 

 

 

不倫の夫(妻)と不倫した相手に年齢差があればあるほど、慰謝料が高額になると考えられます。
年齢が高い側の方が当然思慮分別があるだろうとみなされたり、不倫の主導性に影響があると判断されるためです。

 

婚姻期間が長かった場合は高額な慰謝料になると考えられます。
婚姻期間が長ければその分の心情的苦痛に対する配慮がなされ、離婚後の再スタートも難しさが増すためです。

 

不倫が発覚する以前の結婚生活が円満であればあるほど、慰謝料は高額になります。

 

反対に初めから別居していたり夫婦仲が悪いため家庭生活もすでに破たんしていたケースでは、不倫をしても不貞行為とみなしてもらえずに、支払われる慰謝料が安くなってしまうか、まったく取れなくなってしまうこともあります。

 

夫婦間に子供がいた場合、さらに慰謝料は増額していく傾向にあります。
親の不倫によって子供の心に与えるかもしれない拭い去れない影響が考慮されるためです。

 

また、夫(妻)と不倫した相手との間に子供がいる時にも増額となる要素となります。

 

その他にも、不倫の回数やどれくらいの期間不倫の状態が継続していたのかでも増減します。

 

そして、配偶者または不倫相手の社会的に地位が高いかどうか、また資力があるかどうかで慰謝料の金額は増減します。

 

このように様々なケースによって、その慰謝料の相場というのが変わっていくということになります。

 

 

不倫相手へ慰謝料を請求する手段

 

不倫相手と実際に会うなどして話をすることが可能な状況なら、話し合って和解にもちこんで、不倫の慰謝料の金額を決めることができるなら裁判をせずに済みます。

 

慰謝料の金額が決められれば、示談書や契約書を作成し、もう不倫はしない、今後一切夫(妻)に近づかないと誓約させます。

 

相手と顔を合わせるのが難しいような時は、内容証明郵便を送って慰謝料などの要求を行います。

 

内容証明郵便は法的に証拠として効果的ですから、可能ならば弁護士や行政書士などの専門家に頼んで作成してもらうことをおススメします。

 

 

内容証明郵便を送ったとしてもそれを無視し慰謝料を払うつもりがなかったり、その後も配偶者との不倫を継続しているなら、法的措置を取り簡易裁判所に調停の申し立てを行います

 

いずれにしても、慰謝料を請求するときには、不倫についての様々な案件を扱っていて詳しい専門的な知識を持つ弁護士などに相談して間に立ってもらうことが一番よいといえるでしょう。