不倫の慰謝料を高額で請求するには証拠が必要です

長年、夫(妻)が不倫をしていたことが明らかになった!

 

不倫、慰謝料、相場

 

なんとも怒りが収まらないあなたは、配偶者の不倫相手に対して責任を追及して慰謝料を請求しようと考えました。

 

とはいったものの、不倫をした相手から受け取る
慰謝料とはどのような方法で請求ができて、いくらくらいの相場
になるのでしょうか?

 

慰謝料には明確な基準となるものがない! 

 

慰謝料というのは、不倫をしていた夫(妻)に受けた精神的苦痛の償いとして支払いを請求する損害賠償のことです。

 

夫(妻)や不倫相手に慰謝料を出すよう請求することは、不誠実な行いに対しての当然の損害賠償の請求権として法的にも認められていることなのです。

 

実をいうと、不倫相手への慰謝料については明確に規定されているものはありません。

 

 

不倫のケースと慰謝料の相場

 

ですので、過去の裁判事例などにより、不倫による損害賠償としての慰謝料の相場を決めていきます。 

 

不倫をしても相手と別れてその後も結婚生活を続けることにした場合は50〜100万円

 

不倫が理由となって別居することにした時は100〜200万円

 

不倫が原因で離婚に至った時は200〜300万円、程度が妥当な金額とされています。

 

とはいえ、これについてはあくまでも裁判に至った際の相場なので、不倫相手と直接会って話し合いの上での示談になると、慰謝料の額については数十万円の少額から場合によっては億単位という大金になることも考えられます。

 

慰謝料の金額はどういうケースで高額になるのか?

 

 

不倫、慰謝料、相場

 

慰謝料の金額は増減することもある支払われる
慰謝料の金額は、色々な状況の違いによって増減されます。

 

 

 

 

不倫の夫(妻)と不倫した相手に年齢差があればあるほど、慰謝料が高額になると考えられます。
年齢が高い側の方が当然思慮分別があるだろうとみなされたり、不倫の主導性に影響があると判断されるためです。

 

婚姻期間が長かった場合は高額な慰謝料になると考えられます。
婚姻期間が長ければその分の心情的苦痛に対する配慮がなされ、離婚後の再スタートも難しさが増すためです。

 

不倫が発覚する以前の結婚生活が円満であればあるほど、慰謝料は高額になります。

 

反対に初めから別居していたり夫婦仲が悪いため家庭生活もすでに破たんしていたケースでは、不倫をしても不貞行為とみなしてもらえずに、支払われる慰謝料が安くなってしまうか、まったく取れなくなってしまうこともあります。

 

夫婦間に子供がいた場合、さらに慰謝料は増額していく傾向にあります。
親の不倫によって子供の心に与えるかもしれない拭い去れない影響が考慮されるためです。

 

また、夫(妻)と不倫した相手との間に子供がいる時にも増額となる要素となります。

 

その他にも、不倫の回数やどれくらいの期間不倫の状態が継続していたのかでも増減します。

 

そして、配偶者または不倫相手の社会的に地位が高いかどうか、また資力があるかどうかで慰謝料の金額は増減します。

 

このように様々なケースによって、その慰謝料の相場というのが変わっていくということになります。

 

 

不倫相手へ慰謝料を請求する手段

 

不倫相手と実際に会うなどして話をすることが可能な状況なら、話し合って和解にもちこんで、不倫の慰謝料の金額を決めることができるなら裁判をせずに済みます。

 

慰謝料の金額が決められれば、示談書や契約書を作成し、もう不倫はしない、今後一切夫(妻)に近づかないと誓約させます。

 

相手と顔を合わせるのが難しいような時は、内容証明郵便を送って慰謝料などの要求を行います。

 

内容証明郵便は法的に証拠として効果的ですから、可能ならば弁護士や行政書士などの専門家に頼んで作成してもらうことをおススメします。

 

 

内容証明郵便を送ったとしてもそれを無視し慰謝料を払うつもりがなかったり、その後も配偶者との不倫を継続しているなら、法的措置を取り簡易裁判所に調停の申し立てを行います

 

いずれにしても、慰謝料を請求するときには、不倫についての様々な案件を扱っていて詳しい専門的な知識を持つ弁護士などに相談して間に立ってもらうことが一番よいといえるでしょう。

 

旦那からはどの程度の慰謝料が取れる?

 

結婚をするときには幸せの絶頂にあるという二人でも、その後気持ちが続くというカップルもいれば、そうでもないカップルもいるものです。子供ができたり、時間の経過とともに二人の夫婦関係というのは変化をしていくこともあるのです。そういったときでもお互いを信じて良い関係でいることができれば、望ましいものです。二人の気持ちがしっかりとしていて、どんなことがあってもそのまま夫婦関係を続けていくという人たちもいる一方で、関係が脆く、破たんをしてしまうことになることもあるのです。

 

一緒に生活をし始めると、価値観が違ったり、生活をしていくのに違和感を感じることもあるかもしれません。また、他に好きな異性ができてしまって、二人の障害になってしまうこともあるかもしれません。本当に何が起こるかということもわからないものです。

 

夫婦の中では法的に不貞行為があることで、正式に離婚理由になったりするものでもあるので、他の異性と肉体関係を持つということは許されることではないのです。それがわからない状態で水面下で動いていたとしても何かがきっかけでわかってしまうこともあるでしょう。

 

それが生活における行動などの表れからの不信感です。これまで一緒に暮らしていると、ちょっとした違和感があることで浮気の可能性を疑われることもあるものです。

 

例えば、帰宅する時間が今までよりもかなり遅くなったり、飲み会などが増えて家にいる時間が少なくなったり、休日に理由をつけては出かけていたり、夜の生活が極端に減ってしまったり、それぞれでパターンがあるものです。

 

そういったことで少しずつおかしいと感じ始めることもあるでしょう。自分ではこまめに行動をチェックしながらも、他でプロに調査をすることを検討してみるというのもいいでしょう。浮気調査をしてもらうのなら、興信所や探偵事務所などに依頼することができるのですが、まずは相談をしてみるところから始めるといいでしょう。こういった調査の相談としては、プロの探偵や調査員が対応してくれるので、守秘義務もありますし、無料で聞いてもらうことができます。調査の方法や料金体系なども相談の中で確認していくといいでしょう。

 

 

一般的には浮気調査というのはかなりお金がかかるものですが、調査の方法によってはその金額を抑えることができたりするのです。そのためにも普段の行動記録をとっておき、そこから効率的で短時間で済む調査をしてもらうようにするといいでしょう。実際に調査を依頼して、尾行や張り込みをしてもらうことによって、その現場をとらえることができて、写真や映像などを入手でき、さらには相手を特定することができるとします。それによって、その後のやり取りが変わってくるのです。
ホテルやマンション、相手の自宅などの密室状態になるところに入る場面や出てくる場面などを写真にとっておくことで、それが決定的な証拠になるのです。証拠があると、言い逃れすることが難しくなりますから、自分にとって有利になるということは間違いないのです。
相手の浮気によって離婚することになるとすると、請求をすれば確実に慰謝料を受け取ることができるようになることでしょう。さらに子供がいたりする場合では親権や養育費などの条件においてもかなり有利に進めることができるようになります。協議離婚であっても調停離婚であっても同じように有利に進めることができるのです。

 

 

慰謝料というのは

 

その人の行った不貞行為に対して配偶者に謝罪の気持ちをこめて支払うものになります。夫が不貞行為をして妻に支払う場合の一般的な相場というのは200〜300万円といわれます。しかしながら、これは夫の収入にもよるものです。収入によっても生活レベルも違いますし、支払うことができる金額というのも違います。ですから、かなり高い収入を得ている人であれば、それに応じた慰謝料になります。逆にあまり稼ぎがない人では支払い能力がないと判断されるので、少ない金額で済むこともあるのです。
これは女性が不貞行為をした場合でも同じことがいえます。パート程度であまり収入が見込まれない場合には、それなりの金額の慰謝料になるのです。

 

 

こういった慰謝料や親権、養育費などに関しては、不貞行為をしているという証明があることで、より良い形で進めることができるので、プロに依頼をして確実な証拠を掴んでおきたいものです。そのひと手間によって、自分が潤うことはもちろんですが、子供などに関しても将来が左右されることもあるのです。ですから、浮気をしている配偶者にはきちんと責任を取ってもらうことが筋でもあるのです。
配偶者が浮気をしているという疑いがあった時には、とてもつらい思いをすることになるのですが、冷静にしっかりと事実関係を確認しておくようにするといいでしょう。そして自分の将来が良き形で切り開いていけるようにしていきたいものです。